若手インタビュー

完璧な打ち合わせを行い、
正確な仕事で信頼を得る。
上田 あずさ
2014年入社 プレカット工場 営業
宇都宮大学農学部卒業 神奈川県出身
プレカットなくして日本の
家づくりは成り立たない
Q1 プレカットに配属されて考えたこと
プレカット工場の営業に配属が決まったときはどう思いましたか。
𠮷貞には市売、建材、集成材、そしてプレカットという4 つの分野があり、そのうち最も身近に「木」とふれあえるのは、やはり市売だと思います。

面接の時には「重い木を担がなければならないし、女性には厳しい仕事」と言われていました。建材メーカー担当者には女性が多いようなので、入社前は「私も建材かな」と考えていましたが、プレカット事業部に決定。

その時は、木に関われる仕事に就けた喜びの一方で、建築の勉強は何もしていないので、これからどうなるのだろうという不安はありましたね。プレカットなくして日本の家づくりは成り立たないほど重要な仕事ですから、やりがいをもって頑張ることができると思いました。実際、現在の自分の仕事には、とても満足しています。
正確さを貫き、次の受注に結びつける
Q2 プレカット営業の仕事とは
上田さんが携わっている仕事はどのような内容ですか。
プレカット営業の仕事は、材木屋さんへの営業活動と受注した物件の打ち合わせ・納品までの進行に分けられます。当社の市売に登録している会員さんへのルート営業が主です。プレカット業者もさまざまで、当社のように市売部を所有しているところばかりではありません。当社の場合は、市売部から木を購入するお客さまに対し、プレカットについても提案を行い、受注に結びつけることが営業活動の目的です。受注は、家の構造材1棟単位が基本です。内装は、仕様によって異なります。ルート営業なので、飛び込み営業は原則ありません。

市売登録社にもかかわらず、プレカットは競合他社に依頼していた企業からの新規受注できたこともあります。お客さまとしても現状に満足できているわけではないから、「試しに𠮷貞に一棟やらせてみよう」ということで受注できたんですね。そこで、無事に仕事ができると、次の依頼につながっていく。そういう流れで新規開拓できることもあります。顔を出すこと、そして正確な仕事が重要です。
連続する打ち合わせが
仕事の可否を決める
Q3 受注物件の進行について
通常の仕事のフローについて教えてください。
仕事の依頼が決まると、取引先から住宅の図面をいただきます。図面に基づいて、仕様や樹種、部屋ごとの仕上げ方などを家の細部にわたって詳細に打ち合わせ。場合によっては、工務店と直接打ち合わせする場合も数多くあります。

難しい物件になると、当然、打ち合わせ回数は増えます。次に図面と打ち合わせ内容を社内のCAD 担当者に伝え、プレカット用の図面を作成。完成したら、CAD 図面と見積をお客さまと確認。OK が出たら、工場でCAD 図面通りに納期に合わせてプレカットを行います。

お客さまから図面をいただいてから納品まで1カ月ほど。関係各所との打ち合わせが数多くあることを考えると、スピード感のある仕事といえますね。


コミュニケーション力が
飛躍的に向上した
Q4 必要とされる能力
入社以来、自分で成長できたと思うところは?
学生時代に接する相手は同世代ばかりでしたが、入社後、年上の方と接する機会が増え、苦労しながらもやり取りを重ねてきました。現場監督や大工さんなど長いキャリアを持つプロフェッショナルの方々と打ち合わせする機会も多いです。

最初は専門用語に専門ついていくのが大変。壁に直面することが多くありました。用語が分からないときは、そのまま知ったかぶりせず、大工さんや現場監督さんに教えていただくようにしています。曖昧なまま打ち合わせを終わりにすると、トラブルの原因になることも少なくありません。

どうしてもその場で解決できないことは会社に持ち帰り、上司やCAD 担当者に相談。いろいろな意味で、コミュニケーション能力は飛躍的に向上したのではないかと感じています。
迅速な対応、完璧な打ち合わせ
Q5 転機となった出来事
入社以来、いちばん印象に残っていることは?
ある物件で、加工ミスが発生しました。ミスが発覚して先方がクレームの連絡をしてきたとき、当社は休日のため対応が遅れてしまいました。本来なら、スピーディーな対応をすべきだったのです。上司と一緒に現場監督さんのもとへ謝罪に伺うと、加工ミスによって現場で仕事がストップしてしまい、全体のスケジュールが崩れてしまったことを知らされました。

自分の中では、そういうスケジュールの大切さを分かっていたはずでしたが、実際に現場で仕事をしている人ほどリアルに感じ取ることができていないことに気付きました。改めて責任の重大さを知り、以降、いっそう気を引き締めてがんばっていこうと決意しました。
このときの反省をどのように生かしていますか。
一つ一つの打ち合わせが、正確な仕事につながっていきます。だから、一つも曖昧な点を残さない明確な打ち合わせに心掛けています。また、何か問題が発生したとき、とにかく素早い対応を考える。自分で対応策が分からないときは上司をはじめ、いろいろな人に迅速に相談します。
相手に応じたコミュニケーションを工夫する
Q6 先輩の指導について
先輩の存在・指導は自分にとって、どのように役立ったか。
お客さまの性格は十人十色です。「こういうお客さまに、いまの応対はまずいよ」などと、相手の個性や性格を把握した上でのコミュニケーションを丁寧に指導していただいたことが、自分にとっては最もありがたいと思いましたね。

その一方、自分でお客さまと接した上で感じたイメージも大切にしたい。先輩のアドバイスを踏まえ、自分なりにどのようにコミュニケーションを取ったらいいのか考えています。


現場の職人さんからの感謝の
言葉に大きなやりがい
Q7 仕事の達成感
この仕事のやりがい・達成感は?
打ち合わせをしていると、「本当にこれで大丈夫だろうか、ミスなくできるだろうか?」と最後まで不安が残ることもあります。最終的に大工さん、現場監督さんから「無事に建てられたよ、ありがとう」と言っていただけるときは、大きな達成感を感じますね。

自分は建築家でも施工者でもありませんが、自分が建築に携わった家がたくさんあるという充実感もありますね。家という形が残っていくのは、私たちの仕事の大きなやりがいです。
何でもすぐに対応できる
パーフェクトな営業
Q8 将来の夢
入社2年目ですが、将来の夢や目標は?
まだまだ知識も交渉力も全然足りないと思っています。何を聞かれてもすぐに応対できるようなパーフェクトな営業になりたい(笑)。結婚してからも、この仕事を続けていきたいですね。
就活者へのメッセージ
𠮷貞は、アットホームな会社です。優しい先輩方に囲まれ、思う存分仕事に打ち込めます。
上司コメント
繊細さを武器に、
取引先のハートを掴め。
阿部正行
プレカット営業部 課長
入社2年目として、高い成長力とスキル
上田さんは、プレカット事業部はもちろん、𠮷貞としても総合職営業として初の女性社員です。私も女性の営業を指導するのは初めてであり、私の方にも最初はどう接して良いのか戸惑いもありました。

女性特有の繊細な部分を持ち、吸収力に優れている上田さん。取引先に対して、丁寧できめ細やかな応対ができていると思います。入社から約2年が経ち、当然、スキルも上がってきていますが、そのスピードはかなり速いと言えるのではないでしょうか。2年目としては、高いところまで上がってきました。
大きな物件にも果敢なチャレンジを
すでに営業として独り立ち、通常の物件であれば問題なくこなすことができています。上田さんは早め早めの相談に心掛けたため、大きな失敗にはつながりませんでした。そして、一度教えたことは確実に吸収し、同じミスを繰り返さないのは優れているところだと思います。

今後はさらにキャリアを積んでスキルを蓄え、大きな施設の案件などにもチャレンジしていってほしい。将来が楽しみな存在です。
基本は、コミュニケーション力
プレカットの営業には、総合的な力が求められます。お客さまとのコミュニケーションは基本中の基本。お客さまのハートを掴まないと、話は進んでいきません。私たちが相手の性格を見るように、お客さまも私たちの性格を見ているのです。そこにコミュニケーションの難しさがあり、面白いところでもあります。
専門的な知識の習得もキーポイントに
もう一つ大切な力は、技術的な知識ですね。家づくりに関する建築上の知識は必要です。建築業界の専門用語などは理解できるようにしておきたい。大工さんによって、その言葉遣いも微妙に異なっているケースもあるから、その場での確認も重要です。

そういう打ち合わせで分からないことがあった場合はその場で確認するか、後で上司に相談するなどして、一つずつ自分の知識にしていかなければなりません。図面を預かったところから家が建つまでの流れを正確に進行していく力も総合力の大きな部分を占めているのは、いうまでもありません。
売上を追求し、手がけた物件に喜び
プレカットの営業で面白いところ。売上を追求し売上高に満足感を感じる人もいれば、自分の手がけた物件が形としてしっかりと残り、お客さまから感謝の言葉をもらうことにやりがいを感じる者もいます。難しい物件を手がけて、ミスなく進行できたときの喜びはひとしおです。
木と人をつなぐ株式会社吉貞
本社
370-0069
群馬県高崎市飯塚町1150
TEL:027-361-2477
FAX:027-363-4473
高崎市場
370-0069
群馬県高崎市飯塚町1150
TEL:027-361-2477
FAX:027-363-4473
戸田市場
335-0023
埼玉県戸田市本町1-23-1
TEL:048-443-4321
FAX:048-442-5181
熊谷市場
360-0801
埼玉県熊谷市中奈良1412
TEL:048-523-3621
FAX:048-523-3628
佐野市場
327-0041
栃木県佐野市免鳥町295
TEL:0283-23-6311
FAX:0283-23-6359
つくば営業所
300-3545
茨城県結城郡八千代町東蕗田944-2
TEL:0296-30-2122
FAX:0296-30-9984
熊谷プレカット工場
360-0212
埼玉県熊谷市江波60-1
TEL:048-567-0147
FAX:048-567-0157
大連吉壽科技開発有限公司
大連市中山区杏林街2号
中山九号 東塔20-1

TEL:+86-(0)411-8255-6711
FAX:+86-(0)411-8255-6733